2015年08月25日

増築部分のある住まいの耐震改修をしています。

増築した時は、耐震についてまったく考えなかったのだろうな~という現場は、多々あります。
増築されている住まいを診断するときは、
「増築部分と元の部分は一体化してるか?」
「見かけは一体でも、構造は別物か?」をみます。

では、改修の難易度は?
①「完全に分けて建てられている。」
これは、比較的、改修しやすいパターン。
②「完全にひとつの建物として増築してある。」
こちらも、なんとか。
③「取り合い部分の梁が、共用されている、もしくは、古いものと新しいものが並んでいるが、
取り合い部分にまったく壁がない」
状況によっては、なかなかハード。
④「増築部分が、もとの外壁一辺を抜いて、ブロック基礎でつくられている」
さあ、どうしよう? 出来る?

④のタイプの改修は、今までのところ依頼されたことはありませんが、
耐震診断では、いくつか出会っております。
防火の指定のない地域は、10㎡までは、申請をせずに増築できますから、
小さな増築だからと安易に考えず、建物の設計が出来るところ
まずは、相談です!

© 2018 空間工房 服部